【いつか行こう】台湾の国民的なメニュー襲来。三商巧福 赤坂店「台湾牛肉麺」


台湾の国民的メニューで独自に発展してきた台湾牛肉麺(ニューロウメン)。その
牛肉麺の台湾最大のチェーン店「三商巧福(さんしょうこうふく)」が14年の11月にと右京・赤坂にオープンしたようです。

牛肉麺はしょうゆベースのスープで、うどんに似た平白麺を入れ中華スパイスでじっくり煮込まれた牛肉とチンゲンサイがトッピングされています。
お値段も牛肉麺が630円なのでリーズナブルな感じです。

最近では、表参道や原宿で台湾スイーツが流行っているようなので、今まであまり台湾料理になじみがありませんでしたが、今後は要注目です。

今度、食べに行ってみたいと思います。

http://www.3375.com.tw/meals/index.aspx?cid=22c753c7-9b47-45ac-b44b-d959eb80bd62

関連ランキング:中華麺(その他) | 赤坂駅溜池山王駅赤坂見附駅

 
posted by ayunob at 10:28 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年02月08日

【いつか行こう】新しいサラウンドサウンドを体験しよう。ドルビーアトモスに対応する映画館

ドルビーアトモスとは

最近の劇場用映画でも採用が増えている、より臨場感豊かな音を実現する新サラウンド方式「ドルビーアトモス」。従来のサラウンドとの大きな違いは、トップスピーカー(天井に設置)が追加されていることで、より自然でリアルな音場を提供し、現実さながらの知覚体験ができるとされています。

ドルビーアトモスの特徴

  • パワフルでドラマチックな新しいシネマサウンドのリスニング体験を提供
  • 画館内で音を移動させることにより、「動き」の効果を創出
  • ストーリーに完全に一致した、現実さながらの自然な音響を再現
  • これまで以上に極めてリアルな効果を実現するため、オーバーヘッドスピーカーを追加
  • どのようなシステム・セットアップの映画館でも、制作者の本来の意図を表現可能
  • すべてのシーンで、よりリアルに、より大きなインパクトを伝えるため、最大64本のスピーカーの駆動が可能

ドルビーアトモスに対応した映画館と映画

ドルビーアトモスを体験するには映画館と映画の両方が対応している必要があります。映画の方は対応がだいぶ進んでいますが、映画館の方はこれからという感じで、まだまだ少ないのが現状です。

映画の料金も決して安くはないので、どうせ映画を見るのであれば多少遠出をしてでも最新のサラウンドを体験できる映画館で見たいと思います。


映画館

映画



AV REVIEW(レビュー)2014年9月号 -
AV REVIEW(レビュー)2014年9月号 -


AV REVIEW(レビュー) 2015年2月号 -
AV REVIEW(レビュー) 2015年2月号 -


タグ:映画
posted by ayunob at 17:42 | Comment(0) | いつか行こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。