2015年01月31日

OneDriveをネットワークドライブに割り当てる

OneDriveの容量が無制限になったのでアップロードの環境を整えたいと思います。

OneDriveのツールを使用すればエクスプローラーからシームレスにアクセスできるのですが、Windows7の場合はオンラインファイル(ローカルのHDDにファイルの実態がない)とオフラインファイル(ローカルのHDDにファイルの実態がある)の設定が細かく行うことができません。(Windows8.1の場合は細かく設定できる)
Windows7でオンラインファイルの設定をしたフォルダなどはエクスプローラーに表示されなくなってしまうので気軽にアップロードができません。

そこでOneDriveをネットワークドライブに割り当てて、容易にアップロードできる環境を構築します。
手順は以下の通りです。

1.IE で OneDriveにアクセスします。

2.アドレスバーに表示されるURLからcid(個別ID)を確認する。

cid(個別ID):上記URLの「xxxxxxxxxxxxxxxx」の部分

3.エクスプローラーから「ネットワークドライブの割り当て」を実行する。

4.「ネットワークドライブの割り当て」設定画面の「フォルダー」入力欄に以下の様に入力して登録する。
「フォルダー」への入力:https://d.docs.live.net/xxxxxxxxxxxxxxxx
上記URLの「xxxxxxxxxxxxxxxx」の部分にはcid(個別ID)を記載

5.資格情報を求められた場合はMicrosoft IDとパスワードを入力します。

Windows7でOneDriveを活用したい人は試してみてはいかがでしょうか。

posted by ayunob at 17:48 | Comment(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: