2015年01月31日

OneDriveを容量無制限にしてみた。

2014年の10月頃にマイクロソフトがOffice365のOneDrive容量を無制限にすると発表しました。日本での提供については未定で、1月31日現在でもOffice365 SoloのHPでは1TBになっています。

Office365Solo.png
ただ、日本のユーザでも申し込みさえすれば容量を無制限にできるようなので試してみました。
申し込み自体は簡単で、用意された申し込みページでマイクロソフトアカウントでログインし、申請するだけです。

OneDrivePage.png

容量無制限はすぐに適用されるわけではなく、各ユーザに順次提供されるようです。
どの程度で適用されるのかは不明ですが、申し込みをしてからしばらく経過して容量を確認してみると10TBになっていました!

OneDriveSize.png

無制限と表示されるのかと思っていましたが、とりあえず10TBが割り当てられるようです。この容量を使い切るとどのように増加していくのかは不明です。
容量無制限のクラウドストレージとしては、最近Bitcasaがプランの変更を行い、容量無制限のプランを使用していたユーザは高額のプランに変更しないとアップロードされたファイルを削除するという暴挙を行い話題になりましたが、マイクロソフトはサブスクリプションの有効期限が過ぎた後でもアップロード済みのファイルは表示・共有・ダウンロードができると言っていますので多分大丈夫ではないかと思います。(世界的大企業ですし・・)

OneDriveSafe.png

アップロードできるファイルの最大サイズが10GBの制限はありますが、デジカメやデジタルビデオの解像度もどんどん高くなり、どのようにバックアップするかが悩みになっていましたが、今後はOneDriveにどんどんバックアップを行っていきたいと考えています。(雷や火事などで大切な思い出が一瞬で消えてしまうと悲しいですからね)

該当するサブスクリプションを持っている方は試してみてはいかがでしょうか。

posted by ayunob at 12:16 | Comment(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: